設立主旨

 人間の文化のなかで、紙は記録と伝達をはじめとする、多様な役割を果たしてきました。しかし現代においては、それらの機能に加えて、 さらにその本質と意味が問われつつあります。人類の偉大な産物としての紙は、まさに新しい変革に遭遇しつつあるのです。 
 それは、緑の地球、その未来についても重要な課題でありましょう。

 この様な時期にあたり、世界から日本の紙に対して熱い目が注がれていることを、私たちは確認せねばなりません。 それは、古代以来の紙の伝統を伝える和紙が、いまも溌剌とした生命を持つとともに、工業社会のなか、 新しい紙の意味が実験されつつあるためと考えられます。1983年、京都で開かれた国際紙会議は、世界最初の最も充実した会議として記憶されています。それは、 紙をめぐる国際的な文化の熱い交流でありました。それをさらに展開させるために、私達は、世界の人達の要望によって、 日本・紙アカデミーを設立いたしました。

 紙の本質、歴史、加工、創造、情報媒体、芸術素材など、紙を中核として、ジャンルを越えて広がる次元の世界をここに結集して活動しています。
 日本・紙アカデミーは、紙を愛し、紙を考えるすべての人々に広く門戸を開き、共に未来の紙の世界を開くための集まりであることを願うものです。 積極的なご参加を歓迎いたします。

(1988年6月)

 

日本・紙アカデミーの       発行・関連図書について

日本・紙アカデミーに関連した図書、発行の単行本や研究報告書、図録。
当会が開催した研究会、国際交流、シンポジウム、企画イベント等の記事、研究論文等を収録し、様々な紙を巡る諸相をお伝えした機関誌バックナンバーについては、こちらをご覧ください。
詳しくは
⇒「発行物(Publication)」へ